tag - 陶芸

登り窯が、午後の静寂の里に佇む。 かつて利休や、時の武将が恋い焦がれた茶碗はこの国にあった。 日本の陶芸と茶の湯の歴史は、 かつての朝鮮の技巧と、陶工達の歴史無しには語ることは出来な

樂吉左衛門 十一代 慶入 <文化14(1817)~明治35(1902) 黒楽茶碗。 黒は不吉な色ということで、秀吉は黒い茶碗を嫌ったという。 しかし、やはり素人目にも艶やかな

archives