blog

「登り窯」といういにしえのロマンを前に、いつも暫く佇んでしまう。 横浜の陶芸イベントで会った陶芸作家さんに、偶然京都の陶芸祭りで再会した。彼は若い頃にこの丹波で修業をされていたそうで、話

以前、名古屋にある日本酒メインの和食店がオープンする際、スタッフの方々に日本酒のレクチャーをさせてもらう機会があった。ここ2年くらい店に顔を出せていないが、噂によると今も非常に繁盛しているらしく、某グ

  あの日から「もう6年」。「まだ6年」。自分の中には、両方の感覚が共存している。 その日の午後、車で鎌倉市内の県道を走っていた。 最初は車体が揺れているというより、万年故障の

12345...>>