tag - 器

「器」は、結局のところ、人の好みだ。 かの秀吉は、利休が好んだ黒い茶碗が嫌いだった。 魯山人は、究極の理想の器を求めるが故に、自ら窯を築いた。 自分の母は、気に入った抹茶茶碗を「次の茶会

「一楽二萩三唐津」という言葉がある。茶陶好きなら誰もが知る言葉で、楽焼・萩焼・唐津焼が特に茶人に好まれる抹茶茶碗であることを意味する。 ”器に興味がある。” ”いつか色々な焼き物の里を回ってみ

archives