tag - 器

登り窯が、午後の静寂の里に佇む。 かつて利休や、時の武将が恋い焦がれた茶碗はこの国にあった。 日本の陶芸と茶の湯の歴史は、 かつての朝鮮の技巧と、陶工達の歴史無しには語ることは出来な

世田谷の外れ。静かな小高い岡を上ると見えて来る瀟洒な建物。三菱財閥の岩崎家がコレクションした書物や美術品を多数収蔵している「静嘉堂文庫」だ。 一昨年あたりから自分の中にふつふつと沸いた尋

archives