blog

2019.04.12

無施釉陶器の悦楽。料理を「立てる」無作為の作為。

出光美術館で行われている、六古窯展に行ってきた。

 

何故備前のような、何処と無くジジくさい無釉の焼締陶器に、私が惹かれるのか?
 一番の理由は、
『どんな食材を盛っても、大抵美味そうに魅せてくれる』というところ。

 

秋田の物産館で買って来た、

 
①ナスの花ずし×備前焼

 

②人参のいぶりがっこ×越前焼

 


帰り際に別のお店で調達した食材で、
③菜の花とホタルイカのアヒージョ×常滑焼

 


④ガツ刺とネギのレモンとだし醤油×伊賀焼

 

陶磁器そして、アート作品と呼ばれるものには人間の『作為』が、必ず存在する。
勿論、これらの器にもそれは当てはまるのだが『炎と降りかかる灰』が人間の手の届かない所で、器の風情を決定的に決めるという点において、『作為』から最も遠い場所にある器とも言えるのだ。

 

このような『自然の風合い』と『料理』が調和した様が『美しい』のはやはり理にかなっている。

それは、カウンターの木目や、ロウソクの炎が食を美味そうに魅せるのと同じ道理である。

そして、同時にその器自らは存在を強く主張せず、
『盛られたものを美しく引き立たせる』のです。

  

…ほら。ジジくさい、土くれのような器が、ちょっと格好良く見えて来たでしょう?

 

良い器と美食・美酒の世界へようこそ…😄

archives