gallery

蒐集茶陶。~瀬戸・禾目天目茶碗

禾目天目(瀬戸天目)茶碗(室町時代中期~)

中国福建省の建窯で作られた茶碗を僧侶が日本に持ち帰り、当時の日本で大変珍重された天目茶碗。それを瀬戸で模倣して作られたのがこの「瀬戸天目」と呼ばれる茶碗。

ヘッダーの写真。敢えてアリガチな「日常使いの器」風に撮ってみた。

古くも、

新しくも見える。

どう感じました?

 

瀬戸天目2

黒釉に茶色の縦筋が無数に見られる。稲の穂先(禾)に見立て禾目天目と呼ぶ。室町~桃山期。