tag - 茶陶

いにしえの 雨降る里の 土管坂。 平安時代から続く古窯・常滑。 明治期・文明開化の特需において、日本の土管の多くを製造していた時代を、この細い坂道は記憶している。 遡れば、こ

禾目天目(瀬戸天目)茶碗(室町時代中期~) 中国福建省の建窯で作られた茶碗を僧侶が日本に持ち帰り、当時の日本で大変珍重された天目茶碗。それを瀬戸で模倣して作られたのがこの「瀬戸天目」と呼ばれる茶

樂吉左衛門 十一代 慶入 <文化14(1817)~明治35(1902) 黒楽茶碗。 黒は不吉な色ということで、秀吉は黒い茶碗を嫌ったという。 しかし、やはり素人目にも艶やかな

世田谷の外れ。静かな小高い岡を上ると見えて来る瀟洒な建物。三菱財閥の岩崎家がコレクションした書物や美術品を多数収蔵している「静嘉堂文庫」だ。 一昨年あたりから自分の中にふつふつと沸いた尋

123

archives