tag - 日本文化

「登り窯」といういにしえのロマンを前に、いつも暫く佇んでしまう。 横浜の陶芸イベントで会った陶芸作家さんに、偶然京都の陶芸祭りで再会した。彼は若い頃にこの丹波で修業をされていたそうで、話

以前、名古屋にある日本酒メインの和食店がオープンする際、スタッフの方々に日本酒のレクチャーをさせてもらう機会があった。ここ2年くらい店に顔を出せていないが、噂によると今も非常に繁盛しているらしく、某グ

それは、遠い島から漂れ着いた流木のように、 かつての持ち主の素性を明かさぬまま、現代流通という大海原を漂いながら その器は自分の手元に渡ってきた。 多くのマーケットに流通する「茶道具

「器は使ってなんぼ。」である。 遥々越前焼の里に辿り着いて越前そばを食せば、「眼」よりも「舌」と「喉」がそれを教えてくれる。 右の母屋が展示スペース、左が蕎麦屋。まずは、左。蕎麦と

123