tag - 器

信楽で買った片口を愛用している。「自然釉」というものが、窯の中の炎や灰の流れの計算の上で醸されることを知ると、この手の器に対する見方は違ってくる。「作為」と「自然」の狭間に生まれる偶然の美。

先日、ふと、好みの「皿」や「ぐい呑」などの良い器を選んで買う男性が、どのくらいの割合居るのだろうかと考えてみた。 たまたま私の周りに「飲食」・「陶芸」に携わる知人が多いので、何人かの心当たりがあ

「登り窯」といういにしえのロマンを前に、いつも暫く佇んでしまう。 横浜の陶芸イベントで会った陶芸作家さんに、偶然京都の陶芸祭りで再会した。彼は若い頃にこの丹波で修業をされていたそうで、話

1234

archives