tag - 丹波

「登り窯」といういにしえのロマンを前に、いつも暫く佇んでしまう。 横浜の陶芸イベントで会った陶芸作家さんに、偶然京都の陶芸祭りで再会した。彼は若い頃にこの丹波で修業をされていたそうで、話

archives