blog

  あの日から「もう6年」。「まだ6年」。自分の中には、両方の感覚が共存している。 その日の午後、車で鎌倉市内の県道を走っていた。 最初は車体が揺れているというより、万年故障の

短い休暇を利用してタイトなスケジュールで旅すること=「弾丸旅行」という言葉が使われ始めたのは、多分それほど遠い昔のことではないと思う。旅行代理店のサイト上では数多くの「弾丸旅行」と銘打ったタイトなスケ

それは、遠い島から漂れ着いた流木のように、 かつての持ち主の素性を明かさぬまま、現代流通という大海原を漂いながら その器は自分の手元に渡ってきた。 多くのマーケットに流通する「茶道具

「器は使ってなんぼ。」である。 遥々越前焼の里に辿り着いて越前そばを食せば、「眼」よりも「舌」と「喉」がそれを教えてくれる。 右の母屋が展示スペース、左が蕎麦屋。まずは、左。蕎麦と

<<...34567...10...>>

archives