blog

刺身こそ人生だ。 そう。刺身が無かったら、もしかしたら旅などしていなかったかもしれない。自分が20代の頃はまだ都内でもなかなか今のようには旨い刺身がなかなか食べられなかった。(もちろん今でも地方

いにしえの 雨降る里の 土管坂。 平安時代から続く古窯・常滑。 明治期・文明開化の特需において、日本の土管の多くを製造していた時代を、この細い坂道は記憶している。 遡れば、こ

<<...23456...>>

archives