blog

2018.06.21

JUKEBOXは回る。旅」と「音」。フランスの旅路にて。

旅先で、ふと頭の中に流れるメロディがある。

それは大体、「歌詞」とは関係のない、純粋な「音」のイメージとして無意識に再生される。

 

中には生活環境において度々聴いたものがそのまま条件反射的に記憶にリンクしているものもある。例えば新幹線が駅に着く際に流れるTOKIOの「AMBITIOUS JAPAN! 」という曲のフレーズ。出張の多いサラリーマンなら100%「あ。あの曲だ。」と、彼らの歌を聴いてたら東京/新大阪間辺りの情景を思い起こすだろう。昔毎月名古屋に出張に行っていた私も、時々ラジオでこの曲を耳にすると、あの白と青の車体と恐ろしいスピードで流れ続ける景色と味噌煮込みうどんが、ふと脳裏に浮んでくるのだ。

同様に、クアラルンプールと東京(成田・羽田)の往来でAirasia機の搭乗・降機時に流れる(今はもう流れていないかな?)妙に耳に残る曲があって、いつしか「アジアの旅」全般「飛行機搭乗テーマソング」として刷り込まれているのが「crayon pop」という、元気な女の子が歌う歌謡曲感たっぷりのダンスミュージック「dancing queen」だ(ABBAのリメイクではない)。エアアジアはマレーシアの航空会社だから、きっとマレーシアの女の子が唄っている楽曲と思って疑わなかった。ボディーコンシャスなあの赤い制服を着たエアアジアのCAさんが、髪を振り乱してセクシーに踊っている姿を、私はこの歌声から勝手にイメージしていた。ところが、ある日ふとしたきっかけで音源を頼りに調べて見たら、これが全くそのイメージとかけ離れた、韓国の若い(と言っても本当に子供みたいに若い)女の子グループが学生服にジャージ?を着ながら唄っているということを知り、そのギャップにショックすら受けたものだ。確かに英語×マレー語のMIXにしては言葉に違和感が有るし、なるほどよくよく聴けば、韓国語×英語の歌詞が散りばめられているとそこでようやく気がつくのだ。

 

つまり、「音」の印象と、「言葉」は、旅のイメージにそんなに関係のない場合が多いのかもしれない。洋楽で結構ありがちなのは、「ハッピーなメロディ」という印象を持って歌詞を調べて見たら「本当にサイテーよ。あんたなんたに出会わなきゃよかったわ。」みたいな内容だったりすること。逆に邦楽で言うと、相当古い曲の例えで恐縮だが、山崎ハコの「呪い」なんて曲は、きっと日本語の分からない人が聴いたら「女の子が、多少メランコリックに退屈な日常を歌っている曲かな?」みたいな印象を持つのではないだろうか?実際の歌詞は、藁人形に怨念を込めてひたすらコンコン釘を打っているという、邦楽史上、稀に見る暗い曲であるが...。

 

前出の「Dancing Queen」というエアアジア機内でかかる曲の歌詞は未だ持って全く知らないし、もはや知らないままで良いとも思って居る。私の中でこの曲は、

♪「さあ出発よ。タラップを降りた次の瞬間、日常をぶち破って、歌うのよ!踊るのよ!そして辿り着くのよ!私のデスティネーション!」という感じの歌詞であって、

そのPVでは、エアバスA330の翼の上でセクシーな赤い制服を纏った化粧の濃いCA3人が唄い、踊り狂う。後ろではマッチョな機長がリモワのトランクを振り回しながら・・・というか、本家crayon popの皆さんには本当に申し訳ない。私大好きですよ。この曲。

さて、それで、フランスに来た時に改めて思った。夜のパリ、壮麗な歴史的建築物を見た感動の中で流れて来た曲は、相当ベタだけれど、

①サラ・ブライトマンとアンドレア・ボッチェリ 「TIME TO SAY GOODBYE」。

 

ロンドンでウェストミンスター宮殿を見た時もこの曲だった。きっと、欧州慣れしている人はもっと違う曲だと思うけれど、♪ダッダダダ、ダッダダダ、ダッダダダダダダダダダ♪というリズム(よく聴くと水戸黄門のテーマも同じリズム?)が、西洋の古い洋館やら、オペラ、王族貴族の住むようなネオゴシックだったりルネサンス様式だったりの歴史的建造物とイメージがリンクしているのだろう。ちなみに、西洋絵画が並ぶ「美術館」に入ると、フォーレの「パヴァーヌ」という曲。古くて大きな「教会」に入ると「グレゴリオ聖歌」と大体私の頭の中では決まって居るようである。

 

 

②パリで友人たちが呑んでいる店に合流すべく、慣れない夕闇の街を歩き、趣ある地下階段を降り、古い都会のメトロに乗って街を彷徨う時は、JEMというアーティストの「It’s amazing」。

 

そんなに有名な曲ではないし、何故この曲を知ったのかそもそも記憶が無いのだけれど、きっと、そのタイミングで何か、異国の街を歩くような印象的な出来事があったり映画を見たりしていたのかもしれない。こういう少しミステリアスで暗い曲が、結構好きだ。

 

 

③そして、パリからシャンパーニュに向かう、長閑な農業国・フランスの、まるで油絵を切り取ったみたいな美しい牧歌的風景。車の車窓を左から右にゆっくり流れるのを見ながら頭の中に流れてきたのが、

キナ・グラニス 「In your arms」。

 

この曲のサビの所が特に好きで、遠い糸杉の木々や、時折見える牛や羊が牧草を食む風景。ソフトな歌声が、牧歌的な初夏の景色に抜群にマッチするのだけれど、そういう夏の訪れや牧草の香りを歌った曲では全くない所が、これまた興味深い。

 

④つづいて、ボルドーの南、ルピアックという長閑な街。サンドリーヌさんのワイナリーの食卓で、本当に美味しくて郷土愛溢れる食事を、ワインとともに御馳走になった時にふと流れはじめた曲。パン、バター、ハム、ワイン、コットンの布。温もりのある木のテーブルと、キッチン。なんだかそんな感じしませんか。

ヤエルナイム、「New soul」

 

 

何故、音楽は旅に寄り添い、時に気持ちを盛り上げ、時に落ち着かせてくれるのか。頼んでもいないのに、頭の中のジュークボックスが回り、針がレコードに落とされる。きっと人間の頭の中には「小人のラジオDJ」みたいなのが住んでいて、彼は、人間の言葉はわからないけれど、きっと旅のエモーショナルな部分を盛り上げようとしてくれたり、時に感傷に寄り添ってくれているような曲を、いつもレコード棚から引っ張り出して、選曲してくれているのかもしれない。

フランスの、いつもより少し長い旅路は、ふとそんなことを思わせた。

 

archives