blog

2018.04.04

六古窯巡礼。❺~SHIGARAKI信楽

信楽で買った片口を愛用している。「自然釉」というものが、窯の中の炎や灰の流れの計算の上で醸されることを知ると、この手の器に対する見方は違ってくる。「作為」と「自然」の狭間に生まれる偶然の美。

shingaraki5

そして、この器で酒を注ぐ度、やはり思い出すのが、

 

shigaraki5

細く曲がりくねった信楽の街並みと、そのあちらこちらの軒先で見かける、

shigaraki1

このご尊顔。昭和の頃は酒場を象徴するアイコンだった。街の横丁でめっきり会わなくなってしまった。

shigaraki2

Japanese Raccoon dog pottery.

元祖「ユルキャラ」とも言えるのではないだろうか。この愛嬌。

ファッションのブームが時代を一回りしてやって来るように、

2020年頃の、酒場のキャラクターとしてのリバイバルを期待したい。

 

archives