blog

2016.02.12

歴史・地震・絆。台湾の懐。 HAYASHI百貨店。~台南

「林百貨店」。そのデパートは、昭和の始めに開業した。

日本ではない。

遥か南、台湾島の中南部に位置する街・台南に。

日本統治時代、街の目抜き通りに誕生したこの建物は、

関東大震災の教訓を生かした、見るからに重厚な鉄筋コンクリート造りだ。

 

やがて時は移り、日本の敗戦によりこの百貨店は廃業。

政府機関の事務施設として戦後暫くの間は活用されたものの、

1980年代にその役割も終え、朽ち果てた廃屋となった。

「台湾・ルネッサンス」という言葉が妥当ではないかと思う。

台湾の人は、古きよきものを大切にし、蘇らせることに非常に長けている。

昨年末に旅した際に泊まった台北の古ぼけたビルは、まるで宇宙ステーションのような

面白いカプセルホテルに化けていて驚いた。

 

台湾中部の都市・台中にある、日本統治時代には眼科だった大きな建物は、

息を呑むほどに美しい洋菓子店に姿を変え、今、台湾を代表する観光スポットにもなっている。

店の名は、「宮原眼科」。(宮原眼科の記事は追々載せる予定なので、まずはその名前で検索して頂きたい)

 

「統治時代」という歴史を過去に葬り去り、「新しく、懐かしい」ものとしてしまう。

当時の日本人の名前を店名に冠するなんて。

戦後の国民党政治の良し悪しを差し引いて考えても、台湾の人はどうしてここまで懐が深いのだろう。

 

この「林」百貨店も、建物が2010年に史跡認定されて以降復興の機運が高まり、

2014年6月14日。実に、81年の時を経て、再び開業の運びとなった。

実は、創立者・日本の実業家「林 方一」氏は不運にも1932年の最初の開業を目前に

当初の開業を見ることなく他界している。

 

華々しい開業から、

屋上に残る、生々しい米軍機空襲の跡。

そして一度は朽ち、再び2014年に息を吹き返したそのデパートの姿を、

彼は空の上から、どんな気持ちで見守っていたのだろう。

 

彼が見下ろす屋上には、(笠木と呼ばれる上部の柱は外れてしまっているものの)

当時の佇まいの鳥居があり、

そして、美味いおでんと、日本の酒を呑める粋な「居酒屋」まである。

浸みた大根をアテに、ぐいと一杯酒を呷ると、思わず胸が熱くなる。

 

各フロアにはハイクオリティな台湾各地と、台南の産品。

「林デパート」オリジナルブランドなど、

選び抜かれたセンスの良い商品が、数多く並んでいる。

カフェの抹茶もお勧めだ。

 

 

先般のビル倒壊で被災した台南の人々に、深い哀悼の意を表すとともに、

日本の方々にこの、「古く、新しい」場所を是非見に来ていただきたい。

日本、台湾の友情と、災難を「絆」で結んでゆけるであろう未来を感じる、

遥か南西に浮かぶ、この島のデパートに。

 

hayashi5

81年の時を超え、2014年開業時の映像。

hayashi6

台南初のエレベーターは林百貨店だった。

hayashi3

エントランス。丸に「林」のマーク。

hayashi4

「確か子供の頃遊んだ老舗デパートの屋上には神社があったな・・」と、遠い国の屋上で。

hayashi22

HAYASHI百貨店オリジナルのステテコ。古き良き日本の香り。肌触りが良い。

 

archives